ハナガラのブログ

甲状腺がんの体験記 と その他

わたしのリアル

甲状腺がんがみつかったのは、20代前半です。
初めて手術をしてからは、10年近く経ちます。
かれこれ2回手術しています。
必要最低限の関係者にしか、病気したことは伝えてないです。

その時も今も、普通の会社員です。営業職です。

もとからお酒は強くないですが、職業上もあり、ほどほどにお酒も飲みます。
海外旅行、運動もします。

薬を飲むこと以外には、生活する上での制限されていません。

悩みは、付き合いたいと思っている人に、いつ病気のことを打ち明けるか です。
なかなか切り出すタイミングがない。というか、どのタイミングでいうべきかわからない。ずるいですが、結婚してから病気発覚したかった(^^)

こんなところにも影響が。と思ったのは、永久脱毛をエステサロンにお断りされたことです。
Webの申し込みフォームの「服用している薬」欄に、素直に ”チラージン” と書いて提出しまして、ホルモン系の薬を飲んでいる人は効果がないかもしれないから施術できない。とお断りされました。
結局ほかの所をあたったら施術してくれましたが。脱毛への情熱がすごい。

健康診断の時の問診票に、これまでは何も考えずに”問題なし”のチェックだけつけていればよかったのに、「病歴」欄に、どの病気をいつ患ったか記入しないといけなくなったことは、少し面倒です。

「20代でがんとか最悪...」とか、大おばさんを見て「その歳まで健康でいいなぁ」と思ったことは何っ度もありますが、まだ甲状腺がんでよかった。これで済んでよかった。と思うようになりました。なんの心境の変化かは知りません。
将来、別の病気になる可能性はありますが、それは気をつけるしかないし、今まで考えもしなかった健康の大切さを身に染みて感じています。いささか代償が重いですが。

これが、甲状腺がん経験者であるわたしのリアルです。

 

広告を非表示にする